ボーナスから夫に小遣いを渡さない主婦は約半数、過去最高の割合に

TOP > ニュース > ボーナスから夫に小遣いを渡さない主婦は約半数、過去最高の割合に

ボーナスから夫に小遣いを渡さない主婦は約半数、過去最高の割合に

引用http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150711-00010004-dime-bus_all
ネオファースト生命保険株式会社は、全国の20?50代のサラリーマン世帯の主婦500名(各年代毎125名 平均年齢39.6歳)を対象に、「2015年夏のボーナスと家計の実態」をテーマとしたアンケートを、2015年6月5日?14日に実施した。今回の調査では、ボーナス平均手取額が66.5万円で、全体の約6割が今回のボーナス額に満足と回答した。また、ボーナスの今後の見通しについては「増えていくと思う」(31.6%)が「減っていく+なくなると思う」(19.2%)より10ポイント以上も上回り、今後のボーナス支給に関して楽観的な考えを持っている傾向がみられた。  

夫に内緒の資産(へそくり)を持っている主婦の割合は約4割(38.6%)で、平均金額は421.1万円だった。また、主婦の健康、美容への月当たりの平均投資額を聞いたところ、平均額は31,465円となり、「5万円以上」かけているという人も約2割(17.4%)いることがわかった。

■「2015年夏のボーナスと家計の実態調査」の主な結果

<2015年夏のボーナス>
・夏のボーナス「増えた」は33.4%、「減った」は14.4%。平均手取額は66.5万円。
・今回のボーナスに6割が「満足している」(59.6%)。"理想のボーナス額"の平均は「117.3万円」。
・ボーナスの今後の見通しは「増えていくと思う」(31.6%)が「減っていく+なくなると思う」(19.2%)を上回る。
・ボーナスの使い道は「預貯金」が69.4%と群を抜いている。
・ボーナスから夫に渡した小遣いは平均8.4万円。夫に小遣いを"渡さない"主婦が半数以上を占め(53.2%)、過去最高となった。
・この夏臨時ボーナスをあげたい有名人得票数1位は「錦織圭」、2位「イチロー」、3位「浅田真央」。

<家計の現状/主婦の健康と美容への投資に対する意識と実態>

・家計が「楽である」は51.8%。本調査で、家計が「楽である」が初めて5割を超える。
・夫に内緒の資産(へそくり)を持っている主婦の割合は約4割(38.6%)で所持平均額は「421.1万円」。
・健康維持や美容のための投資として、お金をかけて行っていることがある人は全体の約2割(20.6%)、50代以上では、約3割(29.6%)。1か月あたりにかける平均額は31,465円。5万円以上かけている人は、約2割(17.4%)。
・もし、自分の健康・美容に使うための50万円の臨時ボーナスが支給されたら「国内リゾートでリフレッシュする」(28.6%)が各世代でトップ回答に。


バイトルで探す


ランキングで探す



ボーナスから夫に小遣いを渡さない主婦は約半数、過去最高の割合に関連ページ

「親に小遣いもらう」社会人4割超
引用http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article...
お小遣いが1万円増える!?「家計のやりくり」が驚くほどうまくいく方法
引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2015...
ボーナスから夫に小遣いを渡さない主婦は約半数、過去最高の割合に
引用http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article...
日本の"家計簿"文化を世界に――300万ダウンロードを超えた「おカネレコ」の狙い
引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2015...
最もうまいのは30代女性!? 2人に1人が隠している「へそくり」の実態!
引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2014...
共働き夫婦の貯金額はいくらならOK?結婚生活の最新おカネ事情
引用http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article...
毎月15000円使ってる!ビジネスマンの「自己投資」の中身
引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2014...
「教育費と住宅ローンの返済が両立できるか心配」6割、日経DUAL調べ
引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2015...
女性に聞く「理想の結婚相手」の金銭感覚
引用http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20...
「妻の貯金額」なんと6割の夫が知らないと判明
引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2014...